【営業時間】 平日  8:30~19:00
       日祭日 9:00~18:00
       火曜日はフロント受付のみ営業
【定休日】  年末年始・GW・夏季休暇

整備について

HOME | 整備について

高い品質に裏付けられた安心整備の秘密

車検スペシャリスト集団を保有する指定整備工場チェーン

それは、陸運局の検査場と同基準の設備を整え、国土交通省による「指定工場※」の資格を取得しているからです。指定工場であるマルシンコマース(コバック)ならわざわざ陸運局にクルマを持ち込まなくても、その場で車検を完了することができます。 「指定整備工場チェーン店」であるマルシンコマース(コバック)には、車検の質を落とさずに、しかも大量生産により安い車検を提供できるノウハウがあります。 このノウハウから、さらにマルシンコマース(コバック)の新しい発想によって他の指定工場とは異なった独自性が生まれ、大量車検→低価格の実現と指定工場であることのメリットをお客様へ還元しています。

認定工場と指定工場とは

認定工場

自動車の「分解整備」を行おうとする場合は、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません
(道路運送車両法第78条第1項)

この「認証」を受けた工場を「認証工場」と言います。 また、認証工場のうち、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している工場に対して、申請により、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定をしています。この「指定」を受けた工場を「指定工場」と言います(一般には「民間車検場」又は「民間車検工場」とも呼んでいます。道路運送車両法第94条の2第1項)。

指定工場

指定工場(民間車検場)とは、 認証工場のうち、自動車の整備について一定の基準に適合する設備、技術及び管理組織を有するほか、自動車の検査の設備を有し、かつ、自動車の検査を行う者(「自動車検査員」と言います。)を選任して自動車の点検及び整備について検査をさせると認められるものについて、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定をしています。 この指定工場に車検を依頼した場合、指定工場では、自動車の点検整備を行い、自動車検査員が検査を行った結果、保安基準の適合性を証明し、保安基準適合証を交付します。この保安基準適合証を運輸支局、自動車検査登録事務所等に提出することにより、車両の持ち込みが省略できます。

指定工場と認定工場の違い


指定
工場

自社の検査場で合格・不合格の判定が可能

認定
工場

国の検査場へクルマを持ち込んで、合否の検査をしてもらう

グンと長い10年保証

「えっ、10年?ずいぶん長いなぁ」と思わず口にするお客様もいる長期の保証です。マルシンコマース(コバック)で部品を交換した箇所で、取り付けの不具合が発生した場合、10年間保証修理させて頂きます。お気に入りのクルマと永く永く付き合っていきたいと思っている方に、是非ご利用頂きたいサービスです。※1日車検に適用されます。

顧客満足のための国際品質
マネジメントシステムISO9001を認証取得

QSPCSとは…
Q(高品質)S(厚待遇)P(高生産)C(清潔感)S(安全)

ディーラーでもなく民間の整備工場でもない「車検専門店」という新しいタイプの業態を開発したのがマルシンコマース(コバック)。
「全てのメーカーのクルマを、誰もが安心して、安く車検を受けられる専門店」を確立し、多くの方に理解され支持されています。その集客力は指定工場全国平均750台の約3倍の約2,000台平均にものぼり、この車検の大量受注が大幅なコスト削減を実現させました。